本文へスキップ

金持ち父さんサイトでNo.1に熱いサイトです richdadcommunication

消費税増税の事実!

消費税増税が今の生活にどんな影響を与えるのか

2014年4月から消費税が増税されることは
日本国民なら誰もが知る事実です。

これは 我々にとってどう影響しますか?



なぜ 2014年4月から消費税が増税されるのでしょうか?

2013年6月の時点で 国と地方の借金は

1008兆6281億円あります。

これに対し
国の税収は
43.1兆円です。

とても借金をまかなえる金額ではありません。

そのために
消費税5%から8%に引き上げ
その増税分3%を
年金 医療 介護 少子化対策などの社会福祉に当てよう
という経済政策です。

なぜ 、このタイミングなのか?

増税のタイミングは景気が上向きの時に行われます。
今がそのタイミングだと判断されたのは

全国企業短期経済観測調査
の 回答です

なんのこっちゃ!?

って感じです(^ ^)

それで3期連続でプラスになっているからだそうです。

消費税3%分上がることで、私たちの生活にどのような影響が出るのでしょうか

年収250万未満
負担増額 55,345円/年

年収300万
負担増額 57,890円/年

年収400万
負担増額 64,999円/年
〈第一生命経済研究所試算〉


年間でこれだけ生活に負担がかかってくるようになります。

給料が増えない中で生活しているのに
そこに増税なんかされると
たまったもんじゃないです

それを防ぐ対策も
ちゃ〜んと取られています^^

それが

『企業減税』
です

簡単に言うと
企業の税金下げるから
その分 給料を上げてくださいね

という意図です

つまり

企業の税金を減額



企業が潤う



給料を上げる



給料が上がるので
消費税増税分がカバーできる



物が売れる



企業が潤う


となるわけですが・・・・

ここで 大きな問題が

お気づきですか?

企業が潤った分を本当に
社員に還元するかどうか

にかかっています!

そもそも
企業短期経済観測調査
景気が上向きと回答しているのは
大企業であり
中小零細企業に上向きの体感は無いのです。


あなたはどうですか?
好景気との体感はありますか?


最悪は

企業の税金を減額



企業が潤う



しかし 給料は上げない



給料が上がらないので
消費税増税分が家計を直撃



物を買わない



景気が落ち込む


しかも
国は企業減税をしますが
強制的に

「給料上げなさい」
とは言えないのです

まさに
企業次第

社長次第というのが現状です

そして
8%は増税の序奏に過ぎず
ゆくゆくは消費税10%が国の視野にあります。

そして
国の借金は10%増税でも賄いきれない金額です。

あなたが生きている間に
消費税はどこまで上がるのでしょうか?

これからの人生
節約だけをすることになるのか

思い切って
もう一つの収入を生み出すのか

我慢の人生と

笑っていられる人生

どうせ一度の人生ですから
笑って過ごしたいとたいと思いませんか?

間違いなく このセミナーは
あなたのこれからの人生のヒントになるでしょう!

金なし コネなし 能力なし

普通のサラリーマンが
2年足らずで

ラットレースを脱出し
豊かな経済と自由な時間を手にした

その全貌を一挙公開


ラットレース脱出セミナーの詳細はコチラ

どうせ俺なんて・・・・と、思う前にまずは選択肢を広げてください

運営者紹介
























金持ち父さん交流会
代表 雪岡 雅夫

当サイトではキャッシュフローゲーム、各セミナーを通じて、ラットレースを脱出するための考え方を学び、ファーストトラックへ行くための仲間探しをお手伝いしています